OKWAVE

地域に密着したお助け掲示板が手軽に作れる!

特別割引キャンペーン実施中!
特別割引の詳細はこちら

「お助け掲示板」って!?

OKBIZ. for Community Support」というQ&Aコミュニティサービスを使った、利用者同士で問題解決をし合うプラットフォームです。企業側では回答困難な質問への回答や、24時間体制で顧客対応できることから、顧客満足度を上げたい企業への導入が増えています。

回答が困難な質問 回答できる人がお助け!

こんな課題を感じていませんか?

  • 地域に密着した情報を幅広く届けていきたい
  • 自社サービスを超えたお問い合わせにも対応していきたい
  • 24時間365日対応できる窓口を設けたい
  • 健康や防災など、利用者様にとって必要な情報を迅速に届けたい

Q&Aコミュニティの「掲示板」があれば

多くの回答と交流が実現できる

多くの回答と交流が実現できる

日本初・最大級のQ&Aコミュニティ「OKWAVE」と連携し、年間約8,000万人(ブラウザベース)のOKWAVEユーザーによる回答力を提供。コミュニティ構築の最大の課題である回答者の確保を支援します。

自社サポート以外の質問にも回答

自社サポート以外の質問にも回答

本来は自社製品・自社サポートの範囲外である類似製品やサービスについてコミュニティの参加者が対応。サポート部門の負担が軽減できます。

お助け掲示板について詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせください

お問い合わせはこちら

日本人の5人に1人が利用している!
Q&Aコミュニティ利用者の声

###
  • 同じ製品・サービス利用者に解決方法を訪ねたかったから(19.7%)
  • Web上で参考になる記事がなかったため、別の参考情報がほしかったから(19.7%)
  • 公式FAQで解決しなかったため、別の参考情報が欲しかったから(17.6%)

公式サイトや検索では解決できない事象を
コミュニティを用いて解決している

###
  • 電話で問い合わせをしていた(30.2%)
  • E-mailまたは問い合わせフォームから問い合わせをしていた(19.2%)

コミュニティは問い合わせを
未然に防ぐ役割を果たしている

###
  • そう思う(79.7%)

利用者の8割近くがコミュニティに対して
再利用の意向がある

※調査概要 ・取得期間:2019年10月7日~12月2日 ・有効回答件数:711件 ・取得方法:OKBIZ. for Community Support 内バナー、利用者へメール配信し取得

導入事例

日本全国に展開する
ケーブルテレビインターネットサービス

JCOM

茨城県とその周辺地域を主要地盤とする
地方銀行

電話やメールではない新たな顧客接点・問題解決の場として利用できることや、
24時間いつでも質問回答を受け付けられるなど、利便性に優れています。

期間限定
特別割引キャンペーン

インフラや交通、自治体など、地域密着型のビジネスをしている企業様は、提供しているサービス内容に留まらず、地域の方の生活に寄り添ったコミュニケーションや問題解決の場の提供が求められています。

Q&Aコミュニティを使った掲示板は手間をかけずに開設でき、住民の方同士で地域に関する課題や情報を簡単にやり取りできる場を作ることができます。現在、本サービスを期間限定で特別価格にて提供しておりますので、ご興味ありましたらお気軽にご相談ください。

2020年12月末までにお申し込みのお客様​​

期間限定特別価格 初期費用80万
お問い合わせはこちら